2016.12.02

DM 集客

治療院のニュースレター、本当に読まれてる?

執筆者:

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。
治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、最新の集客情報を発信していくブログ…その名もクドケンラボ!私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】

みなさん、ニュースレターは毎月配信していますか?
患者さんに、治療院側の「溢れ出る愛」をお伝えするニュースレター。
間接的に院を知っていただくためにも欠かせないツールです。

ですから。ね?
もちろん配信していますよね?

当院でも開院当初から長く足を運んでいただき、尚且つ来院頻度の高い患者様には毎月郵送しています。内容としては、お得情報(割引など)やイベント、スタッフのプライベートやお役立ち健康情報などでしょうか。

1

それではここでひとまず、ニュースレターを送る目的なぞを復習いたしましょう。

■ニュースレターを送る目的

✱ 施術中には伝えきれないスタッフや院の情報を発信して、患者様とスタッフとの距離感を「ぐぐぐっと」縮めて、今よりもっと身近に感じてもらう!→他院との特別感
✱ 来院していないときでも健康意識を高めてもらう
院の存在を思い出していただく

大きく分けると、この3つになります。

めちゃくちゃざっくり言うと、「施術中の限られた時間じゃ全然足りないコミュニケーションを補いつつ、患者様からしっかり愛されてしまおう!というツール」なんですね。

これがあれば、例え施術中にあまり会話ができなくても、尋常じゃない目ヂカラのせいで怯えられていても大丈夫!
間接的にニュースレターを読んでいただく事で、よりスタッフのことを知ってもらえたり、
親近感を感じてもらえたり、来院していない日にまで思い出してもらえたりもするわけですよ。

とはいえ、そこは少々ツメの甘い僕。
たまに患者様から「今月の読んだよー!先生写ってたよね(^^)」とか「あのレシピ作ってみたよー」なんて言ってもらったら、そこで満足していました。
なんたる不覚。僕、欲深いはずなのに・・・。

しかし、とある日。
また、いつもの出来事が起こります。
そう!いつもの「スタッフ発信(スタッフが思いついて言い出すこと)」があったのです!!

「そういえばニュースレターって全ての方にしっかり読んでいただいているんですかね?そもそもニュースレター対象者じゃなくても、院に足を運んでくださる方々もニュースレターの存在を知ったら読むきっかけになるかも!

(注:当院では、ニュースレターは対象となる方に郵送するという方法をとっています)

・・・・・・おぉ( ゚Д゚)!!!

スタッフの皆さん、いつもいつも冴えわたるアイデアありがとうございます。
お世話になります。
今後とも宜しくお願いします。

確かに当院は既にファン化していただいている方を中心に郵送しています。
そして、それは間違ってはいない。
でも!本当にニュースレターを読んでくれているとは限らないですよね。

それに。
ファン化している方の中でもDMみたいな類のものは送らないでほしいという方は最初から対象者から外しているので、ファン化している患者さんすべてが網羅されているわけでもないんですよ、正直。

しかも、当院が「ファン化している」と認定していない患者さんには送っていないので、もしかしたらもっと院に興味を持ってくれる可能性のある方がいるのかもしれない。

2

これでは本来の『患者様とスタッフの距離を縮める』という目的を果たしていないばかりか、ファン化の可能性がある患者さんを取りこぼしまくりです。
非常にもったいない!!!

でも裏を返せば、「まだまだファン化できる患者さんがいるかもしれない!」ということ。

なんというポテンシャル!
なんという伸びしろでしょうか!
Yeah!!

というわけで、この度当院では、誰でもニュースレターを手に取ってもらえるように店舗に置くことになりました。
「間接」から「直接」への変更ですね。

あ、もちろん、今まで通り郵送も行いますよ。両方から働きかけていくということです!

ここで改めて店舗に直接置く事の目的を載せておきましょう。

①スタッフとのコミュニケーション図るきっかけになる

②郵送だとどんな反応で読んでいるのか分からなかったのでリアクションや反応が目に見えて分かる

③興味を持った方の中から郵送してほしいという方も出てくる可能性もある

④もともと郵送で読んでいた方も、ご家族や友人などの周りの人に読んでもらおうと手に取って持っていってくれる方も出てくるのではないかと想定

このようなことが起こればコレ幸いと思っております。

尚、以前にも「ニュースレターを手渡しにしてリアクションを見る」(URL:http://goo.gl/44E58y)という記事をお伝えしましたが、今回は来院していただく方をより幅広い範囲で興味を抱いてもらうよう以下に注意して実施していきます。

1.強要しない!

→軽いお声がけやコミュニケーションの一環として触れるが、無理に持って帰ってもらったり、押し付けるように何枚も渡さない。(マニュアルっぽくならにように)

2.配置場所は各店舗におまかせ!

→店舗によって設置しやすい場所や話しやすいタイミングがあるので、スタッフ間で話し合って決めてもらう(チラシと一緒にブラックボードに設置/施術室の中に設置して着替えの際や施術中先生との会話の一環として/受付・待合室に設置して、待ち時間の際に診てもらったり、受付からも話しかけやすいように など)

3.毎月決まった部数を置いて月末に回収&集計をとる。次月にまた最新号を部数置く。

→来院した方がどのくらい興味を持って手にとったのかを毎月チェックする。作業負担にならないように、単純に減った枚数をチェック。

まだ計画段階ではありますが、実践あるのみです!

【まとめ】

3

とにかく、現状に満足することなく試行錯誤をし、結果を分析、患者様により良いサービスを提供していく!
トライ&エラー上等!
この繰り返しが、自院の力となるわけです!

皆様もどんどん独自の実験を行って、自分なりのやり方を試行錯誤していただけたらと思います。貪欲に繁盛院を目指していきましょう!

○○を試してほしい!