ママも子供も安心!「○○」を買ってみた!!

執筆者:斉藤隆太

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。
治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、
最新の集客情報を発信していくブログ…

その名もクドケンラボ!
私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】

きゃく-そう【客層】

顧客になる人たちの階層。性別・年齢・職業・所得などによって区別する。

(出典:大辞泉by小学館)

どんなお店でも、時間帯によって多少客層が変わるものです。

午前中には子連れの主婦で賑わい、ランチ過ぎたあたりからマッチョな男性外国人が店内狭しとひしめき、夕方には突如としてシニアの憩いの場になったかと思えば、夜には疲れたサラリーマンの溜まり場と化し、閉店間際には女装マニアがたむろする・・・。

もしかしたら、こんなお店も世の中どこかにあるかもしれない。
あったらあったで、僕は怖くて入れないけれども。
窓から覗いて、店員さんを尊敬のまなざしでそっと見つめることしか出来ないけれども。

でも、これこそが『客層』なのです。
そして、それは治療院も同じこと。
今回は、そんな客層の中でも、うちの院に多かった「ママ客層」に向けた
対策についてご紹介したいと思います。

写真1

うちの院の「ママ客層」、多い時間帯は午後なんです。
その多くは、産後の骨盤矯正を目的としていらっしゃるんですね。
そして当然、産後のお母様なわけですから、もれなくお子様がついてきます。

しかも、ただのお子様ではありません。
患者であるお母様が産後1〜2か月なら、当のお子様だって僕らと同じ空気を吸いだしてわずか1〜2か月のド新人。
頑丈さゼロの、とんでもなくナイーブな時期のお子様なのです。

ちなみに、当院は小さいお子様づれも大歓迎!
簡易キッズスペースも設置して、院としても全力を挙げてお子様連れの患者様に向けた準備をしています。当然、施術中はスタッフがしっかりとお子様を見ていますよ。

以前このクドケンラボで、うちの「素敵キッズスペース」の作り方について記事にさせて頂いていますので、詳しくはどうぞそちらをご覧ください。

※キッズスペースの作り方はこちら
http://goo.gl/3WlCqg

写真2

そんな当院ですから、院のスタッフもお母様が子供を気にしないで施術が受けられるように、
✅少し離れたキッズスペースで抱っこしていたり、
✅お子様が泣いた時などはお母様の近くで抱っこしていたり・・・など、
お子様もお母様も安心して施術が受けられるようにして対応していました。
というか、対応しているつもりでした。

でも、これじゃあまだ不完全だったんですよね。
というより、僕ら日本人のさがなんでしょうか・・・。
お母様方の遠慮がちな声が聞こえてきたんです。

「スタッフに迷惑かけていないかな?」
「子供がぐずったりしないかな?」
「スタッフにご迷惑かけてしまうと悪いから、誰かに預けてもらえる日に来院しよう…。」

みんな、どんだけ謙虚なのーーーーーっ!
そんなこと気にしないでーーーーーーっ!!
全然大丈夫だからーーーーーーっ!!!

・・・って声を大にして言いたいけど、当事者のお母様方がこう思っているんじゃあ、
「うちの治療院はお子様連れでも安心です!!」なんて簡単に言っちゃいけませんね(;´Д`)

そういうわけで、新たな課題。
僕らには、お母様方の不安を解消するという試練が課せられたわけです。

【思いついた解決策とは?】

とにかく、スタッフみんなで考えました。

お母様方が、お子さんの顔を見ながら安心して施術が受けられる方法はないものか??

きっと、お母様達は、赤ちゃんが泣こうが泣くまいが、スタッフに抱っこしていてもらうこと自体、
けっこう気を遣われるんでしょう。
ましてや、泣こうもんなら余計申し訳ない気持ちになっちゃうんじゃないでしょうか。
そして、ぶっちゃけ、子供の顔が見れないのは不安・・・。

ということは、
✅「わざわざスタッフに抱っこしてもらうことなく」
✅「施術中も、子供の顔をいつでも見られて」
✅「子供自身も快適に過ごせる」
この3つの要素がクリアされれば良いことになります。

・・・となると、コレしかないわけでありますな。

「ベビーべッド」
「バウンサー」
「ベビーラック」

みんな名前も違えば、それぞれ細かく用途も違います。
が、共通点が1つ。

お子様に快適にお過ごし頂こう!!!というアイテムなのです。

検討の結果、うちではベビーラックを導入することになりました。
そして見つけたのがコチラ!

写真3

コンビ nemulis ネムリス パッチワークパープルamazon
https://goo.gl/CwBlxU

さらに、クッション交換ができるように、こちらもご用意!
コンビ 共通洗い替えクッションamazon
https://goo.gl/sqJFaA

写真4

どーですか!

「洗い替え」とか用意しちゃうあたり、僕ったら気が利く〜。
しかも、多少はコストかかりますが、この商品は「ベビーラック」の中ではお手頃価格。
その辺はシビアに見させて頂いているつもりです。

そして更に詳しく説明するなら・・・。

この「ベビーラック」はキャスター付きなので女性でも移動がラクラク♪
折り畳み式なので、使用しない場合は施術台の下へコンパクトに収納出来ます。
ゆりかごのようにベッド部分が上下に動かすことも出来るので、じっとしているのが苦手な赤ちゃんも飽きずに楽しんでもらえる…かもしれません(*^-^*)

種類も様々で、中古でも十分良いものがあったのですが、
やはり中古の汚れたベットに生後1〜2か月のお子様を置くのはちょっと・・・。

ってことで、新品を購入しました。
うちとしても清潔感は重視したいですしね。

これにより、今回の課題はクリア!!
お母様もお子様も安心して院に通うことができるというわけです!

そこで、早速、実際にお子様を乗せて使用してみました。

写真5

ど〜ですか。

お子様、まんまとくつろいでいますよ( ̄― ̄)ニヤリ
なんなら、スヤスヤと眠ってしまう有様。

僕の計画通りっす。
これには、ご使用頂いたママさんも大変喜んでいらっしゃいました。

【まとめ】

生後1〜2か月のお子様がいる方でも安心して通える院づくり。

キッズルームは最近いろいろ見かけますが、ここまでやると本気度が伝わります。
少々お金もかかりますが、ママに安心して通ってもらうためにはマストなアイテムだと思いますよ。

しかも、こういうことって結構口コミで広がりやすかったりもします。
「あそこ、子連れに優しいよ〜」と広めて頂ければこれ幸い。

ママさん達が安心して通える院を是非皆様も目指してください!

○○を試してほしい!