2016.09.09

新規集客

某スタッフ、商店街の●●になる?!

執筆者:斉藤隆太

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。
治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、
最新の集客情報を発信していくブログ…

その名もクドケンラボ!
私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】


治療院の立地も千差万別です。

駅に近いか遠いか、
ビルの1階にあるか上階にあるか、
明るい表通りにあるか路地裏にあるか、
店の周辺の環境が綺麗か汚いか・・・。
それらの要素によって、院の持つオーラや雰囲気は変わります。

今回はそんな中で、とある1つの治療院に注目してみました。
(といっても、うちの院の1つですが・・・)

その院は、駅から徒歩一分の駅近立地。
さらには商店街の一角に位置しています。

その上、ビルの一階で表はガラス張り。
院内の雰囲気や様子が外からでも非常に分かりやすくなっております。

自分で言うのもなんですが、集客においてはかなりの素敵立地。
よい条件の物件です。

(ここに決めた)自分で自分を褒めてあげたい。

普通の人なら、これだけでも十分集客しやすい環境は整っていると思い、
満足してしまうでしょう。僕も割と満足していました。

だがしかーーし!
ここで満足してはいけなかった!
現状に満足するな!上を見ろ!上昇志向万歳!!

そう。
その院のスタッフは、更に更に貪欲だったのです(笑)
現状で満足することはありませんでした。

そして、その貪欲が過ぎるスタッフは、
開院当初から密かにある行動を継続して行っていたというではありませんか!

果たして、それは一体っ?!
スタッフは夜の闇に消えて、どこへ向かうのか!!
続きはCMの後で!

・・・ではなく。

なんと、

商店街の集会に参加していたんです!


中には「えっ?そんな事?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

「そんなの簡単じゃん。集会っていったって、
 どーせ皆で集まってお酒飲んでるだけでしょ」

などと寂しい発言をする方もいるでしょう。

でもね。
でもですよ。

商店街の集まりがあるのは、いつも21時頃と遅めの時間帯。
仕事終わりで疲れているわけですから、出来ればまっすぐ帰りたいじゃないですか。
家でスウェット着てダラダラしたいじゃないですか。
だって人間だもの。

なのにそのスタッフ、その方は決して休む事なく、
毎回その集会にきちんと参加されているそうなんです

すごいことだとは思いつつ、なぜそこを頑張るのか良く分からなかった僕。
恥ずかしながら本人に直接お話を聞いてみました。

**********(以下インタビュー)************


「なぜそこまでして積極的に参加しようとするのですか?」

スタッフ
「来てくれている患者さんの多くが、この商店街で働いている方や住んでいる方がほとんどなのはご存知ですよね?でもそれに甘んじてはいけないと思っています。当院が開院する何十年も前から営業している店舗様なんていっぱいございますし、その中で肩を並べて競争しなくてはなりません。でも一方で、その商店街の皆様のおかげで当院は支えられているんだ。という事を決して忘れてはならないとずっと心に決めているからです。」


「ほぉー。実際参加してみてどうでしたか?」

スタッフ
「商いをしているベテランの方たちばかりですから、そのような集まりに参加する事で自分の顔を覚えてもらえますし、お客様との接し方や距離の縮め方などのいますぐ使える接客法や経験話から得られるノウハウなどの話が聞けるから勉強になる事だらけです。さりげなくうちのお店のアピールも出来きますし(*^-^*)」


「そんなことまで教えていただけるんですか!商店街に店舗があるとそんなメリットがあるんですね!さらに、商店街のお祭りやイベントにも参加しているってホントですか?」

スタッフ
「そうなんです!(笑)。普段競い合いながらも商店街で商いをしている方たちと同じ屋台で協力し合ってイベントを盛り上げていると、よきライバルでありながら、仲間意識が芽生えたりする事もあります。そのあと実際患者さんとして来てくれたり、相手が飲食店の方ならお昼や晩御飯にそのお店に食べにいったりしてます。」


「…(すごいなぁ。コミュニケーションの達人かよ)…」

スタッフ
「そうこうしているうちに、このあいだ商店街の理事長に任命されちゃいました!(テヘペロ)」


・・・・。
・・・・・・・は?

えっ?えっ?
ええーーーっ!?
いつの間にーーーーーー!!??

なにサラッとすごいこと言っちゃってるんですか、アナタ。

しかも会話をよくよく見返すと、あなた相当いい話してますよね。
気付いてますか?無意識ですか?
普段からそんな深いこと考えていたんですか?
リアル「深イイ話」かなにかですかっ?

・・・ふぅ。
ちょっと血圧上がっちゃいました。
ひとまず、元の会話に戻りましょう・・・。


「すごいですね!頼りにされてるじゃないですか!」

スタッフ
「なんで自分が?と思い、一瞬迷いましたが、この商店街が好きなので出来る限り協力したい!と思い切って引き受けました(^^)」


「そうだったんですか…!地道に商店街の集まり、商店街のイベントに参加して信頼を得たわけですね。すごい商店街への愛が周りの人に伝わってたんでしょうね。これからも施術と理事長の両立頑張ってくださいね♪」

スタッフ
「ありがとうございます!がんばります( ^^) 」


この格言(継続は力なり)、
正にこういう時に使う言葉なんですね。
勉強になります・・・。

【まとめ】

お店の立地場所によるご近所との付き合い方、
感謝の気持ち、お互いを支え合うという意識。

どれも長く勤めていると
おざなりになったり忘れてしまいがちですが、

未だに継続しているスタッフがいるという事に脱帽します。
そして感動して、興奮しました。
(血圧も上がりました)

さらには、初心の大切さも痛感しています。

開院当初やその現場に初めて来た時の
最初の決意や高ぶる気持ち。

それらの新鮮な気持ちを
今でも自分が忘れずにいるかどうか、
改めて考えさせてくれるきっかけとなりました。

皆さんは、いかがですか?

○○を試してほしい!