2016.03.18

新規集客

【おまけ編】最新の店頭広告「○○」を導入してみた!

執筆者:斉藤隆太

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。

治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、
最新の集客情報を発信していくブログ…その名もクドケンラボ!

私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】

前回の記事『最新の店頭広告「○○」を導入してみた』では、
デジタルサイネージについてご紹介させて頂きましたね。

写真1

以下をクリック頂くと
「最新の店頭広告「○○」を導入してみた!」

をご覧いただけます。
 ↓↓↓

最新の店頭広告「○○」を導入してみた!

今回は、この「デジタルサイネージ」に関する追加情報をお伝えしようと思います。

話は数日前にさかのぼります。
記事を配信して何日かしたある日、一通のメールを受け取りました。
件名には

「ブログ掲載ありがとうございます」

と書いてあります。

・・・ん?

こ、これは・・・。
もしかして「いたずらメール」的な?
もしくは、ワンクリック詐欺的な?
なんにせよ、怖いぃぃぃぃ(泣)
やーめーてー。

以上のように、唐突なメールの件名に若干ビビった僕。
とにかく、ドキドキしながらメールを開いてみました。

するとそのメールの差出人は、ある意味、いたずらなんかより衝撃度が高かった!
なんと、デジタルサイネージを注文させていただいた株式会社オーエフシステム様からのメールだったんです!

株式会社オーエフシステム
http://www.syukyakukun.com/

写真2

ひとまず、頂いたメールの内容をじっくり読んでみました。
するとそこにはとてもいい情報が書かれていましたので、皆様にご紹介させて頂こうと思ったのです。

書かれていた内容はズバリ!
前回の記事でご紹介した「デメリット」に対する回答でした!

では、前回の記事ではデメリットとしてどんな内容を記載したか。
その内容と、それらに対するオーエフシステム様からの回答を1つ1つご紹介してまいりましょう。

デメリット①:初期設置費用が高い

A:はい、確かに高いです。
ただ弊社では、導入される場合の初期の負担が少しでも軽く出来ればと思い、5年リースのプランも用意しています。具体的には、高輝度1500cd屋外用スタンドのデジタルサイネージVTO-42-15ですと、9960円/月(税別・送料別)でご利用いただけるプランと現金購入が可能です。

デメリット②:動画作成をプロに頼まないといけないので、さらにコストが掛かる

A:マイクロソフトのパワーポイントのアニメーション作成でも動画は作成できます。
Youtubeの検索で”パワーポイント、デジタルサイネージ、動画作成方法”で検索していただければ、いろいろな方々が動画作成方法を説明しています。

http://urx.mobi/sByH

写真3

また、弊社ホームページ「集客クン」のコンテンツ制作ページでも説明させていただいております。ご参考にしていただければ幸いです。

写真4

▼動画コンテンツは、1080×1920pixの縦の動画.mp4を下記を参考にご準備ください。

・長さ 3分以内
・フレーム幅 1080
・フレーム高 1920
・総ビットレート 2000~20000kbps
・フレーム率 29または30フレーム/秒
・ビデオコンバーターは、Freemake Video Converterソフトが便利です。

※ただし、フリーソフトなのでダウンロードしインストールされる場合は、不要なソフトもインストールされる可能性がございますので十分ご注意ください。

写真5

フリーソフト:Freemake Video Converte
 ↓↓↓
http://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

デメリット③:急遽、内容変更したいと思っても作成に時間がかかり最新の情報をお届けするのに時間がかかる

A:ご自身でパワーポイントを利用して動画を作る方法もありますが、静止画も利用できます。
1080×1920pixの縦のjpg静止画を作成していただければ、スライドショーでご利用いただけます。動画との混在も可能です。

デメリット④:電気トラブル等で動かなくなった場合、使い物にならない

A:確かに、そうです。しかし、ほぼ故障しません。
機器の保証期間は、導入後1年間です。ただし、VTO-42-15は、2016年3月1日以後販売分に関しては3年保証に変更になりました。以後は、有償修理になります。

以上が、頂いたメールになります。

まとめ ココからが重要です!

いかがでしたか?
すごくないですか?すごいでしょう?!

僕が何に一番驚いて感動しているかというと。(そう、僕は感動したのですよ)

「デメリットに対する答えがめっちゃ懇切丁寧。どうもありがとう!!」ってこと以前に、

そもそも僕が書いた記事を機械販売会社様が読んでくれて、
その上でデメリットに対する回答をわざわざ、しかもすぐにメールで送ってくれたことがすごいということです。

そう!

「そもそも、メール送ってくれてどうもありがとう!!」

なのです!
分かりますか?!

これ、みなさんの治療院に置きかえるとどうでしょう。

まあ、さすがにね。
患者さまから院の『デメリット』を直接指摘される機会はそうそう無いと思いますよ。
「おたくの院のデメリットはだね、○○と××だ」なんてね。
真顔でこんなこと言われたら、多くの人は「すみません」の前にポカーンでしょう。

でも。

「クレーム」をデメリットとして捉えるとどうでしょうか。

あなたは、患者様からのクレームや疑問に丁寧にわかりやすくお答えできていますか?

というより、まず「速やかに回答をしていますか?」
そして、「その内容は丁寧で分かりやすいですか?」
この2点について、ご自分やスタッフの対応を省みてみましょう。

ここがきちんと出来ないと、患者さんは「この人、自分の院のことを全く分かってないんだな」と感じます。

患者様からのクレームや疑問は院にとっての宝です。

その回答をしっかり言える、伝えられることが患者様との信頼関係を築くうえで大切なことだと改めて思わされました。

株式会社オーエフシステム様!
今回はこのようなメールを送っていただき本当にありがとうございました!

○○を試してほしい!