2017.10.20

セミナー講師

施術スタッフがセミナー講師デビューしてみた!

執筆者:

こんにちは!クドケンラボ所長の斉藤です。
治療家の先生の「気になる!」をクドケン直営店で実践し、最新の集客情報を発信していくブログ…その名もクドケンラボ!私斉藤が店舗運営に役立つ様々なことを実験・研究しお届けしていきます。

【今回の研究テーマ】

グッバイ、サマー!
残暑もすっかり通り過ぎ、最近はずいぶんと秋らしい気候になってきました。

あーー、涼しい。
涼しいって素敵。
涼しいは正義。

最近は冬かってくらい涼しすぎる気がしますが
快適な気候は、まことに人の行動ややる気に影響を与えるのであります。

ちなみに、秋は食欲・スポーツ・芸術と人々が色んなことに浮かれ踊るシーズンと言われますが、そこはわたくし斉藤も例外ではありません。
治療院経営に!クドケンラボに!いつもよりチョビッとだけ多めの熱意で打ち込ませて頂いております。

と言っても最近では僕以上(?)に仕事に熱意を持って打ち込み、将来のビジョンがハッキリしたのか自信が表情から滲み出ているスタッフさんもチラホラ。
入社前は緊張と不安とで生まれたての小鹿並みに強張った表情だった彼らも、今では見違えるようになったものです。

もちろんそこに至るまでの道のりは簡単ではありませんよ。
いろんな葛藤があったり、今持っているプライドや自信だって決して何もせずに身についたわけではありません。

彼らの精一杯の努力と、僕も「スタッフが大切にしているものを大切にする組織であり続けよう!」と決めて、ブレずに経営を続けています。そんなお互いの努力が実を結んで、今のスタッフみんなの自信にあふれた姿につながりました。

自分たちが本当に大切にしているものは何か?
将来の最終的な目標は何か?
それを達成するための目的や手段は何か?

毎日、自問自答なわけです。
会社のために身を削って働いても、一体自分は何をしているのか分からないなんて人生もったいないですからね。

・・・と、珍しく冒頭から熱く語ってしまいました(笑)
「テンション低め&人見知り」な僕ですが、この手の話になると何故か止まらなくなってしまい、金八先生風味になってしまうことをお許しください。

ほっとくと「『人』という字は〜!」と叫び出すので、ここまでにしておきましょう。

さて、そんな熱意溢れ自信に満ちたうちの素敵スタッフ。

今でも十分素敵だけれど、是非もうちょっと素敵になって頂きたい。
現状に満足せず、次のステージに片足つっこんで頂きたい。

という僕の熱い要望により、今回こんな事にチャレンジしてみました!それが今回のテーマ!!!

『施術スタッフがセミナー講師デビューしちゃいました!!』

「甘栗むいちゃいました」的なゆるさを感じるかもしれませんが、当の本人はそんなお気楽なことを言える状況じゃありません。なんたって、セミナーの相手は治療家ばかり。体の専門家である治療家の先生方を前にして話すのです。

僕も最初は緊張したなぁ(遠い目)。
見事なくらい噛みまくりでちゃんと伝わっているのか不安でした。
甘栗むく程度のお気楽さで出来ることじゃないんですよ。

でも、そんな時ちょうど経営セミナーからゲスト講師のオファーが。
誰だ!誰が話す!僕か?僕なのか?!・・・いや待て。
悩んだ末に突然思いつく僕(笑)

「ここはスタッフに任せてみよう!」と突如としてスタッフに白羽の矢を放つのであります。言われた方のスタッフはいきなりのオファーにびっくりしていましたが、「こんな機会めったにない!」という事で、快く引き受けてくれました。素晴らしい!感謝!!

イラスト①

こうして、白羽の矢がブスッと刺さったスタッフ氏は、僕の手によってやや強引に次のステージに引っ張り上げられることになりました。いやほんと、ハート強めのお人柄でよかったです(笑)

【いざ!セミナー準備】

講師が決まれば、次はいよいよセミナー準備ですね。
やるからにはしっかり方向性決めて準備しなきゃいけませんから。
やるときはやる!それがクドケンラボであり斉藤という男なのです!

さてまずは、何を明確に伝えたいのかをはっきりさせましょう。

一番の目的は、現在治療家として活動している先生方に対して、当院で行っている戦略戦術をお伝えすること。それによって、今後の治療院経営改善の何らかのきっかけになるようなものを目指します。

こちらのクドケンラボでも日頃から様々な取り組みをお伝えしていますが、そこでのウリは何といっても「現場スタッフが実際取り組んでみて肌で感じた事」で、きっと皆さんの参考にもなっていますよね。いや、なっているはずだ。なっているに違いない!

今回のセミナーでもその強みを活かして、現場でのリアルやスタッフ自身の感想などをご紹介する予定ですので、参加者のみなさんにとって意義あるものになるでしょう。僕も楽しみになってきました!!!(笑)

イラスト②

さて、目的が決まったら、次に大切なのは「具体的にどう伝えるのか?」です。

何をアピールするのか?
何が治療家さんの共感を得るのか?
ただツラツラと話すだけでは意味がない。
話す段取りにだって『戦略』が必要なのです!

受ける側にとってはこちらの成功した自慢話なんかより、「どうやったら成功できるのか」という具体的で有意義な情報を多く得たいはず。

というわけで、この機会に、今まで社内で行った様々な挑戦や試行錯誤がどんなものだったのかを洗いざらい抽出してみました。そしたら、まぁあなた、出てくる出てくる…(笑)

スタッフ一丸となって頑張ったはずなのに、数の多さにやられて風化してしまった取り組みの多いこと。人って、忘れっぽい生き物なんですねぇ。

そしてそんな風化案件も掘り出して、いくつかをコンテンツにまとめて挑みましたよ!
いざ出陣!
聴衆たち待ってろよ!!
うちの素敵スタッフがセミナー講師やってやんよ!!

はいこちら、その証拠写真となっております。
実際のセミナー会場での様子を撮った写真ですね。
このような感じで行いました♪

写真①

・・・・・えーっと、なんと申しましょうか。

溢れ出る風格。場慣れした(かのように見える)振る舞い。
少しも感じられない初々しさ。
ガチで「甘栗むいちゃいました」くらいの力の抜け具合です。

・・・・かわいくない(笑)

いやほんと、初めてとは思えないトーク力!!
僕の最初の頃より確実にうまいその姿に、僕は嬉しいやら悔しいやら。何か分からない涙がにじんで前がうまく見えません。コノヤロー!!

なにはともあれ、無事に講師としての役目を終える事ができたスタッフ。
終わった後ソッコーで感想を聞いちゃいました★

斉藤「お疲れ様!どうだった?(^^)」

スタッフ「お疲れ様です!ベテランの先生方を前にしてのセミナーだったのでとても緊張しました!冷房がよく効いていたのに、終始汗がハンパなかったです(笑)でも、思い切って壇上に立ってしゃべり始めるとあっという間ですね。実際自分が経験した事や感じた事をみなさんにアウトプットする事で、改めてこう感じていたんだなぁと、後半は客観視しながら話していましたね(^^♪」

初めてのセミナー講師なのに、自分を客観視しながら話す余裕さえあったなんて・・・このスタッフ、恐ろしい子|д゚)!!!

そしてさらに、こんな気づきまであったと言うじゃありませんか。

スタッフ「先生方からも質問が飛び交いました。そこから当院がまだ実践していなかった有益な情報も得られたんです。また自分たちが当たり前にやってきた事が、他の院では驚かれた事に気づかされたので、セルフイメージが上がり学びが多かったですね。先生方がうんうんとうなずく度に自分たちの仕事が評価された瞬間だと感じました」

分かる~!!!反応って大きいよねぇ(*´Д`)

なんか、思った以上にスタッフが様々なことに気付いて学んでくれたことが嬉しかったですね。そしてなにより、彼の予想を上回るハートの強さに一番感心しました。なんだったの、あのベテラン講師感は・・・。

【まとめ】

今回は院から離れた取り組みでしたが、当院は外部からも注目されている存在だったのを改めて認識する事ができました。スタッフもよい刺激となったのか再度気を引き締めて現場に携わっているようです。

これからは、患者さん向けスキルだけでなく「人に伝えるスキル」を身に着けられるようにさらに精進していくと僕に伝えてくれました。本当に先を見据えていますね。

スタッフの取り組みが治療院業界を盛り上げる起爆剤になるよう、様々な気付きの提供をこれからもバンバン頑張っていこう!そう決めた出来事でした!(^^)!

○○を試してほしい!